フコイダンと代替医療

最近、代替医療という言葉を良く耳にするようになりました。この代替医療は西洋医学や、化学治療に分類されない医療行為のことを指しており、漢方や、整体などの東洋医学や、アロマを使った医療、さらには健康食品、サプリメント、インドのアーユルベーダや、日本の温泉治療などもこの代替医療に属しています。基本的には手術や科学治療、薬品をもちいることなく医療行為をするというものです。健康食品に分類されるフコイダンを使った健康療法もこの代替医療医療に属するということになります。ここでは、その代替医療とフコイダンに関する知識をご紹介します。

代替医療について

海外でも代替医療は注目を集めています。海外では、代替医療を表す"Alternative Medicine"と補完医療という意味の"Complermentary Medicine"とを合体させCAMと呼ばれることが多く、世界的にも広く知られています。日本に生きている私たちは西洋医学や、科学治療を中心と生きてきたために違和感を覚える方が多いかもしれませんが世界的にみると、西洋医学を中心にしている国家は未だに少なく民間療法で治療している国が50%以上を占めています。そもそも西洋医学が対当してきたのはここ100年ぐらいのことで、それまでは日本も民間療法の国でした、西洋医学は科学的実証がともなうため世界一有効な治療法方であることは確かですが、医学も未だ発展途上の学問であり、東洋医学や、民間療法にも有効な手段が残されているのは間違いありません。

 

このような考え方から生まれた代替医療は1990年ぐらいから世界で注目を集め初め数々の研究が成されてきました。西洋医学中心の国であるアメリカでも公的機関による研究が行われており、東洋医学や、様々な国の民間療法と西洋医学を融合する試みが行われています。西洋医学の欠点を埋めるような大きな研究成果を期待したいものです。

代替医療としてのフコイダンの位置づけ

ガンに有効な健康食品として有名なのがアガリクスやメシマコブのキノコ類ですが、これらに含まれる成分は細胞や、免疫細胞を強化してガン細胞を攻撃させて治療しようというものです。いうなれば物療作戦で免疫細胞を増やしてガン細胞と勝負して勝ちを狙うという非常に攻撃的な作戦なのです。この考え方は確かに治療には有効かもしれませんがガン細胞が強力な場合や、数が多い場合には対処しきれないという可能性があります。

 

しかし、フコイダンの場合はこの免疫細胞の強化のほかにガン細胞をアポトーシスできるという強力な効果が期待できるため代替医療としてもかなり注目されています。ガン細胞が血管を作るのを抑制する新血管抑制作用もあるため、ガンの進行を遅らせるのに非常に効果があります。さらに、海草などに含まれている必須アミノ酸もガン治療ではかなり重要な栄養素ですので、いま健康食品の代替医療ではフコイダンはかなり有効な手段だといえるのではないでしょうか。

recommend

脱毛サロン 大手

2017/8/17 更新