フコイダンで免疫力強化

フコイダンは元々海草の周りを覆っている物質で海草を外部の色々な敵から守っています。この機能は人間にもあり、口の中や、鼻の中など、色々な場所に粘膜があり、私たちを雑菌やウィルスから守ってくれています。

 

フコイダンはこの粘膜の力を強化したり、体全体の免疫力を高めてくれる効果があるとされています。雑菌やウィルスから身を守る免疫力を強化すれば、風邪を引くことも、大きな病気に掛かることもなくなり、健康な生活を送ることが出来ます。しかしこの免疫力は年齢が上がるとともに下がっていきますし、ストレスや、過度の労働などで体力が落ちてしまうと、免疫力も同時に下がってしまいます。

 

フコイダンは免疫力を強化することによって、年齢などによって弱っていく体力を軽減し、いつまでも健康な体を保つために有効な栄養素といえるのです。


免疫力強化で何が得られるのか?

現在、ガンの治療には手術の他に、抗ガン剤治療や、放射線治療が有名ですが、これらの治療法は患者の体力を著しく消耗させ、さらには副作用もあり、もし完治したとしても病気前の状態とはほど遠いものです。当然体も弱っていますので再発の可能性もかなり高くなります。しかし、現代の医療ではガンにかかってしまった人を治療するにはこの方法しか無いというのが現実なのです。

 

このような治療をすることによって患者さんの体力が低下してしまうなら、最初に強い体を作っておき、それから治療に入った方が、再発の可能性も低くなりますし、何より完治の可能性が高くなると思いませんか?

 

最近になって、このような考えをもつ統合医療という言葉が聞かれるようになっています。この統合医療では、手術や様々な科学医療に東洋医学を持ち込み、健康食品や、免疫治療、ハーブ療法やアロマテラピーまで様々な考えを取り入れて統合し、病気の治療を目指すという考え方です。

 

この考え方を採用するならフコイダンなどで免疫力を高めつつ、治療をすることによって体力の低下による、体の弱りや、再発を軽減することができます。健康食品やサプリメントは「科学的に実証されていない」とされて無視される事が多いですが、使い方によっては大きな効果を発揮するかもしれない時代なのです。

フコイダンは免疫細胞を活性化させる

私たちの体の中にはNK細胞とういう高い免疫能力をもった細胞が常に存在しています。このNK細胞は体の中に雑菌やウィルスが入ってくると戦いを挑んでそれを駆除する能力をもっており、体の健康を守るためにとても重要な細胞なのですが、このNK細胞を活性化させる効果がフコイダンにはあるという説があります。もしもこのような効果があるのならフコイダン免疫能力はさらに上がることになりさらに重要性がますことでしょう。

 

フコイダンの免疫向上作用のしくみは、フコイダンが持っている独特の多糖体が、雑菌の細胞壁と似ていることで、体の中の免疫細胞がフコイダンを外敵と勘違いすることで活性化するということらしいです。ですが、フコイダンは当然、外敵ではありませんので、戦うことのない体の中の免疫細胞は活性化したままに成るというわけです。また、海草には血液を綺麗にする効果もあるため、体の血液循環が良くなり免疫細胞が体全体に行き渡りやすくなるというこ効果もあります。

最終更新日:2015/10/15